成瀬 海斗

南の地で光を放つ若きエース

自分のチームでトップを目指す

2011年4月新卒入社

西日本カンパニー 九州エリア エリアマネジャー

年間・月間の予算や目標の設定、メンバーの管理など責任者としての仕事に加え、プレイヤーとして現場に出て汗もかく日々。人材派遣・紹介・紹介予定派遣など多岐に渡るサービスを多様な業界のクライアントに提供しているため、臨機応変な対応が求められている。

2014年にはリンクアンドモチベーショングループのアワードを受賞。

リンクスタッフィングはコミュニケーションのプロ集団

入社の決め手は、一言でいうと「人の良さ」です。

就職活動中に関わったリンクスタッフィングの方々の人柄に触れ感じたことは、コミュニケーションのプロが集まっているということです。それは、良質なコミュニケーション能力がそのまま良質なサービスにつながるという、人材サービス会社だからこそ起こることなのでしょう。

自分もこの職場のメンバーになり、同じコミュニケーションのプロとして活躍したいと思いました。

学生当時に感じたこの感覚は、入社して6年目を迎える今でもまったく変わっていません。

若手の夢をあざ笑う人はここにはいない

私は入社後、東京→広島→東京→札幌→福岡と勤務地を変え、さらに業務内容も人材派遣・業務請負・人材紹介・紹介予定派遣など実に幅広い経験をさせていただきました。自らの環境が目まぐるしく移り変わる中、その時々によって求められる役割も変わってきます。

お客様・スタッフさん・上司から今何を求められているのか?求められているものをどう実現したらよいか?ということには、常に頭を悩ませてきました。しかし、その葛藤から逃げることなく、自分なりの答えを掴み取るまでもがき続けてきた経験が、今の自分を支えていると思います。

そしてもうひとつ、私の支えになっているものがあります。

それは、本気で自分のことを応援してくれる仲間や上司の存在です。学生の頃から、リーダーやキャプテンとして自分の城を持つということが好きだったので、入社当時から支店長という役職に人一倍強くこだわっていました。とはいえ、当時は右も左もわからないペーペーの新人。

想いだけは達者で、社長や上司に対して「支店長になりたい」とばかり伝えていました。

けれども、 そんな自分を馬鹿にすることなく、あざ笑うこともなく、周りの仲間や上司は本気で応援してくれたのです。そういった尊敬できる方々の存在が、 この会社の財産だと思います。

実際に支店長になってみて、自分が想像していたよりもたくさんの困難や壁がありましたが、 

その度に必ず手を差し出してくれる方がいます。こういった周囲のありがたさを感じられたのも、最近になってからです。若いころは視野も狭く、自分のことしか見えていませんでした。

経験を積めば、たくさんの感謝に気づくことができるものなのだなと、そう強く感じます。

嫌な仕事もまずやってみる、そして自分で楽しい仕事にしていける方

とにかく「素直」で「ポジティブ」な方に入ってほしいなと思います。新入社員は素直でポジティブであればそれだけで十分です。どんな仕事にも良いこともあれば悪いこともあります。この仕事が自分に合っている・合っていないと決めつけないで、言われたことや考えていることを愚直にやってく中でしか

見えないことを追い求めてほしいです。 

環境や状況下において発生したネガティブな要素をポジティブな力に変え推進力につなげられる方はどこにいっても成功します。そんな方に入社していただけると最高ですね。


ピックアップストーリー
働くひとたち
リンク・マーケティング新卒採用サイトトップ

© 2018 LINK STAFFING ALL RIGHTS RESERVED.

​お問い合わせ|kikaku@link-staffing.co.jp|03-6779-9452